プロポリスの基礎知識

プロポリスを使用しない方がいい症状

プロポリスはさまざまな健康・美容効果で多くの人々に愛用されています。薬と違って天然の素材なので副作用の心配もありません。しかし、全ての人に安全とは言い切れないのも事実です。プロポリスを使用しない方が良い場合があります。

プロポリスを使う場合の注意点

プロポリスは副作用のない安全な健康食品ですが、いくつか注意しなければならないケースがあります。

蜂アレルギー

プロポリスはミツバチが植物の樹液をミツバチの体液を混ぜて巣に塗りつけたものです。当然、ミツバチの成分も含まれています。ですから、過去に蜂に刺されてアレルギー症状の出た人は、プロポリスを摂取するとアレルギーを引き起こす可能性があります。発熱や下痢などの症状がでることがあるので、蜂アレルギーのある人にはオススメできません。

食物アレルギー

蜂アレルギーのない人でもプロポリスを摂取していると、かゆみや湿疹などが出ることがあります。これは、「好転反応」と呼ばれる症状が回復する過程でおこる副作用と考えられます。しばらくすると症状はおさまりますが、長く続く場合はアレルギー反応の可能性があります。特に食物アレルギーや喘息がある人は要注意です。

妊娠・授乳期

妊娠や授乳期の人にプロポリスがどのように影響するのかは正確なデータがありません。しかし、プロポリスにはカフェインも含まれています。妊娠中や授乳期にはカフェインの摂取は控えるが、一般的です。プロポリスも同様に控えた方が良いでしょう。

1歳未満の乳児

プロポリスは天然の素材が多く含まれています。その中にはボツリヌス菌などの菌も存在します。このような菌は大人にとっては無害ですが、免疫のない乳児には危険です。特にボツリヌス菌は、乳児の体内に入ると毒素をつくり出します。

安全を確認して使用しよう

プロポリスの研究はいろいろおこなわれていますが、まだ不明な部分も少なくありません。安心してプロポリスの効果を享受するためにも、注意すべきポイントはきちんと確認することが大切です。

page top